6月

たくさんのありがとうを言う月だった。

予言みたいだ、と、ある言葉へ想う。言った人は忘れているだろう言葉。